早期治療が大事

交通事故が起きると自分や相手の車の事、また自分や相手の体のことなど様々な心配が思い浮かぶ事だろう。それもそのはずで、自分も去ることながら、相手に怪我をさせれば人身事故という扱いになり、刑事責任が問われる場合があるからである。しかし、そこまでひどい事故にはならない軽症や病院にいかなくても大丈夫な怪我であっても加害者の責任は問われるのは間違いないだろう。特に鞭打ちという症状は、事故当初には中々現れなかったり、レントゲンにも現れない怪我と言われていて、尚悪い事に何年後かに現れる症状として知られている。そう考えると、被害者はかなりの時間を被害者として生活する事になり、鞭打ちの症状が現れる頃には事故での保険も使用できなくなり、更に鞭打ちの症状が、何年か前の事故からきている事すら分からないという悲しいケースにもなりかねないのである。

交通事故の怪我は分かりやすいものもあるが、残念ながら分かりにくいものの方が以外と多い。上記の中でも取り上げたが、何年後かに表れやすい症状の代表格は、鞭打ち症である。この鞭打ち症を少しでも和らげるために、加害者や被害者の親族や友人などは何ができるだろうか。出来る事の一つに針治療がある。この針治療は交通事故直後から直ぐに行う事が非常に効果的と言われていて、現にそのおかげで鞭打ちの症状が非常に和らいだという報告や事故後の後遺症があまり現れなかった。という報告も多数ある。また、交通事故での鞭打ち症以外の怪我の治りについても、どちらかというと早かったという意見まである。では、交通事故の際に加害者も被害者も賢明な処置を心がけて、早期に最善の治療を行う事にしてみてはどうだろうか。